環境・生物・エネルギー翻訳

現在のページ : トップ > 環境・生物・エネルギー翻訳

依頼割合及び実績紹介

環境対策や環境保護運動、国家的な取り組みとして排出規制、環境基準、研究)また企業の環境技術の開発、ゼロ・エミッションの追求、リサイクルなどに関連した環境報告書、海外プラント申請書類、新エネルギー、バイオマスなど最先端の論文、報告書など様々な場面で環境翻訳の需要も高まっています。環境翻訳では技術的要素が多く、高度な専門知識だけなく該当分野の専門用語・論理について正しく理解し、基礎理論の理解が必要となります。インフォシードの環境、生物、エネルギー翻訳は各専門分野の技術担当者、また実務経験豊富な専門家による最高レベルの訳文をご提供させて頂きます。

インフォシードの環境・生物・エネルギー翻訳依頼割合

カテゴリ 分 野 依頼割合
環境汚染 土壌汚染 大気汚染 水質環境 廃棄物 生態系 有害物質など 12%
エネルギー 燃料電池 水力発電 風力発電 太陽光発電 水素燃料 太陽電池 バイオマス燃料など 24%
CSR CSR報告書 環境報告書 サステナビリティレポート グリーン調達ガイドなど 39%
規制 REACH RoHS ISO14001 MSDSなど など 11%
温暖化対策 地球温暖化防止 排出量取引 CDM申請など 3%
その他 環境プラント取説 特許明細書 報告書 論文 調査レポートなど 1%

環境・生物・エネルギー翻訳実績紹介

掲載の承諾を頂いた依頼のみを開示させて頂いております

  • 「オゾン層を守ろう」パンフレット
  • 環境フォーラム会議資料
  • 米国環境保護庁(EPA)ソフトウェアローカライズ
  • ネイチャーテクノロジー映像
  • 放射線測定に関する論文
  • マクロビオティック関連商品
  • 水質関連の指標
  • 地熱発電関連文書
  • アジア水質環境論文資料
  • 植物園解説パンフレット
  • ISO社内規格
  • 自然科学研究参加募集事項
  • 代替エネルギーに関する意見書
  • 環境映像祭パンフレット
  • 環境報告書
  • 燃料電池に関する技術書
  • エコロジーサイトホームページ
  • 地下水汚染解析データ
  • 太陽光発電及びEPTに関するレポート
  • 炭素基金の創設
  • 発電所と陸生動物との共生
  • 環境行動計画
  • 地球エネルギーフォーラム参加案内
  • クリーナープロダクション
  • 環境政策会議資料
  • 環境教育シンポジウム案内
  • 熱帯雨林の被害と地球への影響論文
  • ISO用環境宣言
  • 戦略的環境アセスメント
  • スチール缶リサイクル年次レポート
  • シンポジウム資料
  • ゴミ収集に関するアンケート調査
  • COP10参加企業紹介
  • エコロジー製品説明
  • 太陽発電関連文書
  • ソーラーパネル電気還元率に関する資料
  • 工業用廃棄処理施設運用マニュアル(仮)
  • 病院環境整備システム説明文書
  • 動物園解説パンフレット
  • ごみ分別指南書
  • 農業開発(SARD)分野関連資料
  • サステイナビリティレポート
  • 環境財団ニュースレター
  • CSR報告書
  • グリーン調達ガイド
  • 原子力発電技術解説書(
  • 包装材リサイクルシステムプロジェクト(
  • 排出量の測定と報告に関するガイドライン
  • バイオマス、再生可能エネルギーの活用
  • 地球温暖化を救うヒートポンプ技術
  • 水素の安全性問題点
  • 環境影響評価報告書
  • 温室効果ガス排出権取引制度
  • 欧州排出量取引制度指令修正案
  • PCF年次報告書
  • CO2排出枠の割当
  • 気候変動協議の現状
  • 海外環境規制モニタリング情報
TOPへ戻る

環境・生物・エネルギー翻訳家紹介

インフォシードが今後の地球・日本を考える中で重要になってくると考える環境・生物・エネルギー。日本はこの分野でも世界の一歩も二歩も先を進んでいます。この分野での翻訳、チェック機能を担う翻訳スタッフを一部ではありますがご紹介させて頂きます。

header

プロフィール・経歴・所有資格など

受験生のとき全国受験英語実力試験(毎日新聞社主催)で優勝。海運会社で英語実務を経験。 1969年から医師の依頼でアメリカの物理療法の英日翻訳を引き受け、現在まで臨床医学分野で約400万字の実績があり、1999年に翻訳専業となって以来、環境・エネルギー、産業経済、社会科学などの英日翻訳で500万字以上の実績があります。 2008年1月NHKテレビ「クローズアップ現代」欧州の二酸化炭素排出権取引などの環境問題と、7月の洞爺湖サミットでイギリスのブレア元首相が福田首相に手交した環境報告書の英文和訳に参加し、外務省国際情報の英文和訳の年間レギュラーメンバーです。

footer
header

プロフィール・経歴・所有資格など

放射線関連分野を中心に仕事をしてきましたが、分野の特性として国際的な活動が多く、学会活動やビジネスにおいて実務的な英語とかかわってきました。また、これ以外にも多角的に翻訳にかかわってきました。さらに、最近になって実用化が進んできたPET(ポジトロン断層撮影)に使用する放射性医薬品の自動合成装置開発にも中心となって関わり、医学・化学の分野の経験も有しています。

footer
TOPへ戻る
お見積・各種相談受付! 電話番号
TOPへ戻る